×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子宮がんの重粒子線治療 〜体験談〜
子宮がんの重粒子線治療(臨床試験)の体験談をまとめました。
子宮がん(子宮頸部扁平上皮癌)の重粒子線治療。重粒子線によるがん治療。臨床試験。
Q&A



子宮がんの重粒子線治療について、ホームページを通して質問いただいた内容をまとめました。
(できる限り、時系列順に並べていきます。)


●タクシーは、病院玄関前に横付けできますか?

はい、できます。

病院から稲毛駅に行くためにタクシーを呼んだのですが、ちゃんと病院の玄関前まで来てくれました。


●重粒子線の単独治療でしたか?

はい、そうです。

2009年11〜12月にかけて、重粒子線の外部照射のみ行いました。
抗がん剤の併用などは、ありませんでした。


●重粒子線治療後に化学療法をしましたか? あるいは、勧められましたか?

いいえ。

化学療法は全くしていませんし、
重粒子線治療後に、病院から化学療法を勧められるようなこともありませんでした。


●リンパ節転移に対して、どのような治療をしましたか?

重粒子線治療の中に、リンパ節転移に対する治療も含まれていました。

重粒子線治療には、「腫瘍そのもの」に対する照射の他に、
 ・ 「すでにあるリンパ節転移」に対する照射
 ・ 「将来的に生じる可能性のあるリンパ節転移」に対する予防的な照射
が含まれているそうです。


●直腸や膀胱になにか障害は出ていませんか? 

出ていません。

ただ、しいて言うなら、おなかをこわす回数が増えたかな。
特に、外食とかすると、急におなかが痛くなってトイレへ・・・みたいな。
でもそれも、時間の経過とともに減ってきたかも。


●将来的に、局所再発や遠隔転移があった場合、どのように対応されますか?

再発・転移については、全く考えていませんでした。

もし、将来的に、再発・転移が起きた場合、
重粒子医科学センター病院の見解を聞いた上で、治療方針を決めたいと思います。