×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子宮がんの重粒子線治療 〜体験談〜
子宮がんの重粒子線治療(臨床試験)の体験談をまとめました。
子宮がん(子宮頸部扁平上皮癌)の重粒子線治療。重粒子線によるがん治療。臨床試験。
医療費にまつわるエトセトラ



“スピンオフな話” の中から、医療費にまつわる記事をまとめました。


---医療費にまつわる記事一覧---

   確定申告の医療費控除
   健康保険の高額療養費制度
   臨床試験の医療費と医療保険




確定申告の医療費控除 2010.6.19 Sat
医療保険の給付金をもらって、

健康保険の高額療養費制度で、払い戻しを受けたら、

あとは、確定申告ですね。


1月〜12月までに支払った医療費、薬代、通院にかかった交通費などを

疾患ごとに合計して、そこから、給付金、払い戻し金などを差し引きます。

(給付金等で補てんされる金額は、給付の目的となった医療費からのみ差し引く。)

それを家族全員ぶん集めた合計が、10万円を超えたら、

超えた部分のほんの一部が戻ってきます。


例えば、ごく平均的な所得の家庭で、年間の医療費の合計が18万円だった場合、

10万円を超えた部分の8万円のうち、1割の8,000円が戻ってきます。


何割戻るかっていう部分は、所得金額によって変わりますが、

たいがいのサラリーマンは1割かな(?)


払った金額に比べれば、戻ってくるのは微々たるものですが、

ま、戻ってこないよりは、ましですよね。


ちなみに、私の場合、

旦那と私の医療費や交通費を、それぞれにまとめて、給付金を差し引いたら、

年間の合計が10万円超えませんでした・・・医療費控除、該当ナシです。


(医療費控除は、過去5年までさかのぼって申告することができるようなので、
 例えば、昨年1年間の医療費控除の申告を忘れてしまっていても、まだ間に合います。)


健康保険の高額療養費制度 2010.6.18 Fri
病気になった時、医療保険と合わせて、患者の金銭面を支えてくれるのが、

健康保険の「高額療養費制度」。


1ヶ月に支払った医療費(健康保険が適用される治療に支払った金額)が一定額を超えると、

超えた部分については払い戻しを受けられる、という制度。


例えば、ごく平均的な所得の家庭で、ごく一般的な治療を受ける場合、

1ヶ月に支払った医療費が80,100円を超えると、

超えた部分の費用は、あとで返してもらえる。


・・・というわけなんですが、この「高額療養費制度」、

サラリーマンの場合、雇用してもらっている会社によって、その設定額が違うんです。


80,100円というのが、一般的な設定額だと思うんですけど、

旦那の会社の設定額は、20,000円でした。

つまり、1ヶ月の医療費が20,000円を超えると、それ以上に支払った額は戻ってくるんです。

(有名なところで言うと、トヨタなんかも、設定額が20,000円だそうです。)


こんなこと、病気にならなきゃ知る機会がないですよね。


そして、それだけ手厚いということは、普段から、しっかり天引きされているということ。

だから、病気になった時くらい、しっかり活用しなきゃ!ですよね。


(高額療養費制度について、わかりやすく説明するために、ここでは、余計な条件設定は
 省きました。実際に利用する場合は、細かい条件を考慮して計算する必要があります。)


臨床試験の医療費と医療保険 2010.6.17 Thu
最近、姉が結婚して、「生命保険どうしようかなぁ〜」なんて話をしてます。


ちなみに、我が家では、旦那の会社の団体保険(2人で月5,000円程度)に加入してまして、

今回の私の入院も、この保険が役に立ちました。


受け取ったのは、入院5日目からの入院給付金(1日5,000円×43日間)です。

単純に、入院中の事だけを考えれば、

医療費と、自宅から千葉までの交通費を払って、少しおつりがきます。


どうも、この “臨床試験” ていうのが、すごいシステムで、

私が入院した47日間のうち、

治療が始まった日から終わるまでの34日間については、一切お金がかかりませんでした。

むしろ、「臨床試験へのご協力ありがとうございました」くらいの感じです。


もちろん、それ相応のリスクは覚悟の上で・・・ということなんでしょうが、

これで病気を克服できれば、ちょっとお得な感じですね。




 【2013年】 最新

 【2012年】 12〜10月 9〜7月 6〜4月 3〜1月

 【2011年】 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 

 【2010年】 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月

 【カテゴリ】  治療後の経過と通院  更年期障害と漢方薬  足の付け根のふくらみ

         貧血と血液検査  病院と治療  いろんな病気と治療法  医療費